ちょっと正常化まで苦労した(その2)

その1で記載したように、機器交換をして様子見をしていましたが、同じ現象が発生。

再度、訪問調査してもらいました。
そのときは機器の異常を示すランプがついていたので再起動することになり、接続機器構成に問題がないか含めて話をしました。
このときの対処内容としては、無線APとして利用しているNEC製家庭向け無線ルーター(Aterm)の利用ポートを変更してみましょうということでした。
この無線ルーターですが、ルーター機能は使わずブリッジモードに切り替えて無線APとして利用しています。
ホームゲートウェイからのケーブルは、LAN用のポートを使っていました。ここをWAN用のポートに接続しないといけないケースがあるので、そこを変えて様子見してくださいとのこと。
(ブリッジモードのときはWANポートもLANポートと同じように利用できることになっていることと、バグが入るとしたらWAN用に機能している部分をLAN用にするところではいりそうな気がしたので、この対応でうまくいく可能性が考えられなかった)
現状でこれ以上調査するとなると、ネットワークに接続されている各機器の構成とか設定内容を調べていくことになり、追加料金(NTT責任範囲外のお客様設備に対する調査となるのでコンサル料ということでしょう)がかかりますという話。
現状から考えると、お金をだして調査してもらったとしても、原因はわかりませんでした で終わる気がしたのでやめました。

そして、今後の対応案として次の内容が提示されました。
1) 無線ルータの利用ポートを変更(ホームゲートウェイからの接続をWANポートに)して様子見する。
2) 障害が発生した場合、ホームゲートウェイに接続する機器をPC1台のみ(直結)にして、ホームゲートウェイを再起動して様子見。
3) それでも障害が発生したらNTTがきて調査。

1)の処置は意味があるように思えなかったので、2)の状態からやることにしました。特定PC(一番よく利用する自PCを対象)以外はインターネット利用ができなくなりますが、ホームゲートウェイとの接続を断ったLAN自体は使える(家庭内LANで完結する処理はできる)ので、家族にはちょっと我慢してもらうことに。
ただ、処理パケット量が発生条件の一つに含まれていたら、この状態では障害が発生しないか、発生するまでに時間がかかりそうだなという点が先が見えなくて少し不安でした。

そうして、また様子見を始めた。
インターネット上にあるWebサーバの80番ポートへのパケットが落とされているログは、相変わらず出続けてて、ホームゲートウェイ機器の動作がおかしい気がするんだけど、どういう状態になってるんだ?と思いながらネットワーク関連の本を引っ張り出して調査(勉強)をはじめてみた。

(続く)

追記1)
ちなみに、この状態でもFF14やってましたが、ID攻略途中で切断されて戻れなくなったりすると迷惑をかけるので、ソロでできることを主にやってました。

追記2)
問題となっていた機器のファームウェアが、4月27日付けでバージョンアップされてるみたい。
なんかおかしいところを指摘したデータを提供したので、もしかして その事象への対応がはいったのかな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック