所有PC備忘録的なもの

最近、PCの調子が悪くなってて、USB機器が正しく認識されないことが発生していて、特にスリープから復帰したときは必ず発生していました。

この事象は、普通に再起動したくらいではなおりませんでした。
何か参考になる対処法はないか調べたら、電源を完全にオフ(コンセントか抜くor電源本体のスイッチオフ)して5分くらい放電させた後で、PCを起動するという方法が有効であることが判明しました。
電源まわりやマザーボードあたりが劣化すると発生することがあるみたいだったので、そろそろ買い換えかなと思って物色していました。
ブログ記事を参考にみたら、今のPCを使い始めて4年は経過していました。

別件で購入(NASの電源が死んだので電源入手とか)したパーツとかもあるので、全部購入まではしなくてよい状況だったので、以前より金かけてもいいかなと思いながら調査開始。
そして、そろそろ新世代CPUがでる時期で、マザーボードとかもだいたい去年の夏ころにでたのが最新バージョンみたいなところもあり、新しいのがでるまで待とうかどうしようかと少し悩みました。
でも悩んでいる間に円安の影響で値段があがったものとかを見かけたのもあり、購入に踏み切りました。
購入にあたって頭にあったのは、次の3つ。

  1. 簡易水冷使ってみる

  2. OCできる構成にしてみる

  3. ケースの寸法は気にしない


ケースに関しては、すっきりデザインとメンテナンスしやすそうな感じから、FractalDesignのDefineシリーズを検討していました。検討しているときにDefine Sが発表されたため、販売されるのを待つか迷いましたが、値段あがると嫌だなということもあり、Define R5に決定しました。(現時点では、Sは代理店としてアスクから販売開始されてたかな)

簡易水冷については、ケースの内部ベイとかとりはずせばどれでもはいる感じだったので、ラジエーターの大きいもの(Thermaltake Water3.0 ultimate)を選択。
OCできる構成ということでCPUはCore i7 4790Kを選択し、マザーボードはZ97チップセットをつかったものから選択。
グラフィックボードは、メインPCで使っていたGTX760を使用。

最新のFF14ベンチを使ってみると、1920x1080ウィンドウモードの最高品質で6200くらいのスコアになりました。
また、ケースの上部パネルを3枚全部取っ払って、12cmファンが3つついたラジエーターをつけているので、音が漏れないようにすることはできないのですが、なんか静かです。ファンを増設していたとはいえ、前のPCの音量とは雲泥の差があり、ほとんど騒音が感じられなくなってます。
まぁ、まだメモリを少しOCしたくらいなのでケースファンも全開ではないみたいだし、まだ余裕たっぷりということなのでしょう。

現在は

設定は、ちょっとずついじってみよう。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック